シェイプアップ乳酸菌に副作用はある?

シェイプアップ乳酸菌で副作用が起こる可能性は

きつい運動を毎日行うことなしに腸内環境の改善によって無理なくダイエットすることができると人気のシェイプアップ乳酸菌ですが、副作用などはないのでしょうか?

 

サプリメントで副作用が発生するということはほとんどないのですが、使用されている成分によってはアレルギーなどが出てしまう人がいるかもしれません。

 

ここではシェイプアップ乳酸菌は本当に副作用の心配がないのかを解説していきたいと思います。

 

食物アレルギーの可能性はあり

商品名にもなっているので改めて言うまでもないことですが、シェイプアップ乳酸菌には植物由来の乳酸菌が配合されています。
この乳酸菌が同じく配合されている茶カテキンとともに脂肪を燃焼させる働きをするのです。

 

加えて、乳酸菌球菌EC12が300億個、乳酸菌生産物質である16種類の善玉乳酸菌、そして、キウイ抽出物、ダイジェザイム酵素、リポ酸ウルトラなども配合されています。

 

まず、該当する方は改めて指摘されるまでもないと思いますが、乳製品のアレルギー症状がある方は、シェイプアップ乳酸菌の利用は避けた方がよいと思われます。
そのほかにもシェイプアップ乳酸菌には緑茶、キウイ、エビ、小麦などを原料とする成分が配合されていますから、これらの食品のアレルギー症状があるという方も利用は控えておいた方がよいでしょう。
また、大豆を原料とする乳酸菌生産物質も配合されていますから、大豆に対するアレルギー症状がある方も同じように利用しないことをおすすめします。

 

とはいえ、チーズやヨーグルト、漬物などにも含まれている乳酸菌は、非常に古い時代から食べられていますし、体のためにもよい食品であるといわれています。

 

食物アレルギーが発生する恐れがあることを除けば、シェイプアップ乳酸菌の利用によって副作用のような健康被害が起こることはないといえます。

 

利用は推奨されている分量を守って

シェイプアップ乳酸菌に限ったことではありませんが、推奨されている分量を超えて大量に飲むことはやめましょう。
早く効果を得たい、または大きな効果を得たいという理由から大量に飲んでしまう方がいるようですが、大量に飲んだからといって効果が早く出たり効果が大きくなったりということはありません。
逆にお腹が緩くなってしまうなどの恐れがあります。

 

シェイプアップ乳酸菌の推奨されている分量は1日1粒となっています。
1日1粒なら健康被害が起きることはないでしょう。

 

また、牛乳を飲むことによってお腹を下してしまうという方は、乳酸菌でも同じようになる可能性がないとはいえませんから、利用の際は注意した方がよいでしょう。

 

 

↓↓シェイプアップ乳酸菌公式サイトはこちら↓↓

 

シェイプアップ乳酸菌の効果や口コミを見てみる